3月11日のおやつは・・

今日は3月11日東日本大震災があった日です。

今日は保育園でもシェイクアウト訓練がありました。いつもの地震の訓練とは違って京都市からの緊急メールが送られてきたことからはじまります。いつもは非常倉庫に入っている物資も全部出し、終了後には子ども達に倉庫に入っている物を見せたり、震災のお話、そしておやつでは非常食として保存している【かんぱん】を幼児さんでいただきました。

DSCF5032

今年で5年!保育園の子ども達にも生まれていなかった子ども達がたくさんいますね。関西ではおおきな被害もなかったのでニュースで見る情報だけでしたが、たくさんの人が亡くなり、食事・水だけではなく生活すべてがなくなって家・配給を待つ人たちの姿が思い出されます。

今日のかんぱんはいつものおやつの量ぐらい十分お腹も満たしておいしくいただけたと思います。けれど、実際の震災では・・

今日はみんなで震災について考える日になりました。毎日、給食・おやつをいただけることを本当にありがたく思います。子ども達の笑顔がとてもまぶしく感じました。